Page 2 of 5

生まれた子犬に障害が!素人の繁殖は絶対やめて!

筆者がやめていただきたいと思うことの一つに【素人繁殖】があります。素人繁殖は、命をもてあそぶ行為そのものと言っても過言ではないでしょう。

純血種の動物は何らかの遺伝子疾患を持っています。それはその血統の動物がもともと保有する因子です。そのため、より、その因子が出にくいもの同士をかけて次世代を作らなければならないのです。

わかりやすい話で言えば猫の種類にスコティッシュフォールドと言うのが存在しています。この猫はたれ耳がかわいいと言われていますが、生まれてくる子猫の半数はたち耳、つまり耳が垂れていないのです。たれ耳と言う状況そのものが猫にとって異常事態と言っていいでしょう。そんなスコティッシュ、交配時には必ず、たれ耳とたち耳を掛け合わさなくてはなりません。そうしないと生まれてくる子猫は骨形成異常と言う病気にかかる確率がとても高くなるのです。

同じように、犬の純血種でも気を付けないと遺伝疾患が起こる可能性がぐんと上がってきます。その遺伝疾患を避けるためにはきちんとその種についての知識を得ておかないといけないのです。

安易に、購入したペット同士を掛け合わせることはこうした危険性を無視することに他ならない、そう覚えておいてください。

また、スタンダードの観点からもペットショップ出身の犬の交配はお勧めしません。犬の純血種には必ず【スタンダード】と言う基準が存在します。スタンダードとは、この犬の特徴はこうでああで・・・と理想とする形のことです。ブリーダーは繁殖が目的ですのでいい犬は手元に置いておきます。ペットショップに並ぶ犬はスタンダードから外れた【ブリーダーが手放しても惜しくない】犬だけなのです。そんな犬たちを交配したっておよそいい犬は生まれません。ペットショップ出身の犬は一代限りの命だと思っておいた方がいいでしょう。

犬の純血種にはランクがあります。すなわち、ブリーディングタイプ(ぜひ、血統を残したい)、ショータイプ(スタンダードに準じるのでコンテストに出せる)、ペットタイプ(純血だけど劣等生)。このうち、ブリードできる犬はショータイプとブリーディングタイプだけです。ペットショップにいるペットタイプは疾患が出やすかったりすることもあるので繁殖には使えません。

それでも繁殖してしまった場合、疾患が出ることがあります。もし、疾患が出た場合は最後まで面倒を見る覚悟をしましょう。悲惨なときは5匹生まれて4匹が疾患もちだったなんて話も聞くくらいです。素人繁殖はそれだけのリスクがあるのですから絶対に行ってはいけません。

いくら、飼いきれないからと言って保健所に持ち込むのもナンセンス。もし、安楽死を望むほどの疾患であるのであれば病院の先生と相談してください。保健所でされるのは安楽死ではありません。とても苦しい方法で処分されることになりますので持ち込みはやめましょう。

人間もそうですが、繁殖行動と言うものはデリケートな問題ですのでしっかりとした知識がないものは行ってはいけません。

愛犬の老化。その時あなたはどうする?

愛犬とともに暮らしているといずれ直面しなければならない愛犬の老い。昔と違い、食事が良くなった、病院に連れて行く飼い主が増えた、衛生状態が良くなったなどの理由で犬の平均寿命はどんどん延びて行っています。そのため、天寿を全うできる犬が増え、それまでの間、飼い主と一緒に暮らすことができるようになりました。

犬は10歳前後になるともう、お年寄りの部類です。大型犬だと、7~8歳くらいにはもう、老化が始まっていると思っていいでしょう。人間に置き換えてみればわかると思いますが、老化が始まれば若いころのようには生活できません。ですので、犬も年齢に合わせた生活をさせてあげましょう。

飼い主が最初に老化に気づくきっかけとなるのは【動きが鈍くなる】ことでしょう。犬も人と同じで、年を取ると体力の衰えが始まります。「昔は浜辺で何時間も走って遊んだのに、最近ではすぐに息切れしちゃうの。」そう、悲しいことにいくら楽しくても体がついて行かないのです。犬のペースに合わせた散歩や遊びをしていくようにしましょう。愛犬としっかり触れ合うことで、脳に刺激が与えられ、痴呆を予防する効果もあります。

どうしても歩くのが苦手!になっちゃった犬には散歩補助グッズが販売されています。固定ブーツや車いす、補助ハーネスです。ある程度動かさないと、どんどん弱ってきますので、これらの補助用品を使って犬の足の衰えを遅らせるようにしましょう。

注意したいことなのですが、自転車やバイクなどで犬の散歩を行っている人は犬が老犬に差し掛かってきたときに、犬の衰えに気づきにくくなる場合があります。もうそろそろかな?そう思ったら、なるべく一緒に歩いて散歩させるようにしましょう。

年を取ると、犬は一人になりたいと思うことも増えてきます。また、生活リズムもずれてきますので犬が犬のペースで過ごせるよう、一人っきりになれるスペースを用意してあげましょう。

忘れがちなのはカラダのケアです。元気に走り回っているうちは足のつめは勝手に削られますから頻繁に爪切りは必要ありません。でも、動きが悪くなると途端に爪が伸び放題。愛犬の可愛い肉球が傷ついてしまいます。時々チェックしてパチンパチンと切ってあげてください。また、肛門を絞らないといけない場合も出てきます。若いころは力んだときにきちんと肛門に力が入り、分泌液を排出できたのですが、年を取るとなかなか排出できなくなります。時々獣医さんに診てもらい、たまっているようなら絞ってあげましょう。

エアコンやクーラー扇風機の風は直接当たらないように気を付けてください。体力低下の原因となります。風向きと室温は細かくチェックして快適な生活空間を維持してください。

犬は最後の最後まで家族とともにいたがります。愛情をもって話しかけられたらとても喜ぶことでしょう。犬の寿命は長くて20年。平均して15年。老いが始まったらそろそろお別れを考える時がきたのです。愛情いっぱいのなかで最後の時を迎えてください。

愛犬の認知症と向き合う

最近は医療の発達のおかげで、天寿を全うできる犬が増えてきました。それは喜ばしいことなのですが、その代わりに認知症になってしまう犬が増え、飼い主が介護に追われるというケースが頻繁に起こるようになっています。そう、犬の介護は珍しいものでは無くなってきたのです。犬を飼っている人であればだれもが直面する可能性のある問題です。長い間一緒に暮らしてきた家族だからこそ、最後まで面倒を見てあげたいものですね。

犬の認知症、いわゆるボケの症状はいろいろありますが、代表的なのは【飼い主の指示が聞けない】【トイレの失敗が増えた】【徘徊する】【夜鳴き】などでしょう。中には攻撃的になる犬もいて、そういった場合は飼い主は手を焼くことになります。攻撃的になってしまった場合は、獣医さんと相談し、安楽死を選択する人もいるようですが、これは責められません。ぼけた犬が噛みつく場合、甘噛みなんてものでは無い場合が多く、大けがをするため、介護ができないからです。保健所では安楽死はできないため(かなり苦しい殺処分をされる)病院にかかるのが正解でしょう。

攻撃性がない場合は、介護をするようにしましょう。トイレの失敗はおむつでカバーできます。食欲が落ちた場合は流動食や缶詰など、食べやすいものを中心に与えましょう。年を取ると匂いに反応しにくいこともあります。その場合は軽く温めてあげると、香りが立ち込め食欲を刺激することもあるようです。夜鳴きや徘徊については飼い主が付いていてあげるか、犬が落ち着くものを与えるかしてあげるしかありません。大変でしょうが頑張ってください。

飼い主が常に話しかけてあげ、散歩に連れて行ってあげることによって、ボケの進行が遅くなることがあるようです。脳への刺激がきっと老化を食い止めてくれるのでしょう。【ボケたからもうだめだ】と思わず、ボケの症状が少しでも見られたら、積極的に動かしてあげると良いでしょう。痴ほう症になるほどの老犬なら、足腰もきっと弱っているはず、ゆっくりまったり、愛犬のペースに合わせ風や風景を楽しむように動きましょう。歩けない犬の場合、犬用のドッグカーが販売されていますので、そういったものに乗せ、外に連れ出してあげるといいですね。年を取っても犬は散歩が大好き。脳への刺激にもなるので積極的に外に出してあげましょう。

悲しいお話をしますが、犬の寿命は長くて20年。たいていの犬は15年ほどで飼い主家族とお別れすることになるでしょう。介護が必要になった時点でお別れの時が近いことは覚悟しましょう。犬は最後まで飼い主家族を案じながら生きます。それはボケても同じです。犬は愛情深い生き物。愛情を与えた分、しっかり愛情を返してくれます。愛犬の最後の一瞬まで愛を注いであげてください。介護は大変ですが、今まで一緒に暮らしてきた年月とは比べ物にならないくらい短い期間で終わってしまいます。愛犬との最後の時間をもらったのだと思って一杯語り掛けてあげましょう。

毛皮が暑い!?夏の熱中症対策!

地球温暖化が進んでいるためか、人も犬も熱中症で倒れるケースが増えてきたようです。特に毛皮が厚い、北国出身の犬たちにとって、じめじめしていて蒸し暑い日本の夏は地獄なようです。

熱中症は命にかかわります。「うちの子は大丈夫!」なんて思わず、きちんと暑さ対策をしてあげましょう。

犬は汗をかきませんので体温調整はもっぱら舌と肉球で行います。犬がハアハアと舌を出していたら暑い証拠です。すぐに対処してあげてください。

当然のことですが、車の中に入れっぱなしはNG。毎年このケースで救急搬送される犬は後を絶ちません。夏と言わず、初夏や初秋であっても、車内の温度はムシムシしています。犬を車内に残していくのは絶対にやめましょう。

散歩中も気を付けてください。人間は気づきにくいですが、真夏のコンクリはとっても熱いです。太陽の照り返しで、犬がダウンすることは珍しくありませんのでご注意を。肉球がやけどすることもありますので、真夏の散歩は早朝か夜に行うことをお勧めします。また、散歩中の水分補給も忘れないようにしてください。

寝床や普段生活する場所への気配りも大切です。太陽が当たらない、涼しいところに逃げ込むことはできますか?クールマットなどを利用して快適な場所を作ってあげましょう。扇風機やクーラーの風は直接当たらないように気を付けましょう。

暑い季節に犬に服を着せるのは飼い主のエゴ。毛皮の上に服を着せることがどんなに拷問なのか今一度考えてみてください。そもそも犬に服を着せる意味があるのでしょうか?もちろん、チワワなどの一定の犬種や病気などの理由で服が必要な犬もいますが、そうでない犬に服を着せるのは飼い主の身勝手です。おしゃれさせたい気持ちはわかりますので、せめて暑い季節には服を着せないであげましょう。

夏は食欲が落ちることもあります。筆者のうちでは、イリコでだしを取ってうす~く(塩分過多はいけないため)塩を入れたうどんに氷をたっぷり入れておやつに食べさせたりします。ペット用の鰹節や缶詰などを載せるとさらにGOOD!あまり食べさせすぎるとおなかを壊しますので量を考えながら与えてみてください。

もし、犬が熱中症で倒れた!そんな時は急いで体温を下げてあげましょう。水を張ったお風呂にじゃぶん!ホースで水をじゃぶじゃぶ!そうすることで体温が下がり元気になることがあります。あまりにも冷たすぎる水だと逆に心臓発作を起こしますので常温の水がいいでしょう。その他、足の付け根、首回りなどに氷を当ててあげるのもいいですね。リンパの流れを冷やすことにより、体温を下げる効果が得られます。意識回復が見られたらすぐに病院に連れて行ってください。心臓の弱い犬や老犬などはあらかじめ病院の先生と相談しておくのもいいですね。

【熱中症だ!】と思ったら即対処!この一瞬の判断が飼い犬の命を左右する結果になることがありますので、いざという時は迅速な対処ができるよう、普段から心構えをしておいてください。