地球温暖化が進んでいるためか、人も犬も熱中症で倒れるケースが増えてきたようです。特に毛皮が厚い、北国出身の犬たちにとって、じめじめしていて蒸し暑い日本の夏は地獄なようです。

熱中症は命にかかわります。「うちの子は大丈夫!」なんて思わず、きちんと暑さ対策をしてあげましょう。

犬は汗をかきませんので体温調整はもっぱら舌と肉球で行います。犬がハアハアと舌を出していたら暑い証拠です。すぐに対処してあげてください。

当然のことですが、車の中に入れっぱなしはNG。毎年このケースで救急搬送される犬は後を絶ちません。夏と言わず、初夏や初秋であっても、車内の温度はムシムシしています。犬を車内に残していくのは絶対にやめましょう。

散歩中も気を付けてください。人間は気づきにくいですが、真夏のコンクリはとっても熱いです。太陽の照り返しで、犬がダウンすることは珍しくありませんのでご注意を。肉球がやけどすることもありますので、真夏の散歩は早朝か夜に行うことをお勧めします。また、散歩中の水分補給も忘れないようにしてください。

寝床や普段生活する場所への気配りも大切です。太陽が当たらない、涼しいところに逃げ込むことはできますか?クールマットなどを利用して快適な場所を作ってあげましょう。扇風機やクーラーの風は直接当たらないように気を付けましょう。

暑い季節に犬に服を着せるのは飼い主のエゴ。毛皮の上に服を着せることがどんなに拷問なのか今一度考えてみてください。そもそも犬に服を着せる意味があるのでしょうか?もちろん、チワワなどの一定の犬種や病気などの理由で服が必要な犬もいますが、そうでない犬に服を着せるのは飼い主の身勝手です。おしゃれさせたい気持ちはわかりますので、せめて暑い季節には服を着せないであげましょう。

夏は食欲が落ちることもあります。筆者のうちでは、イリコでだしを取ってうす~く(塩分過多はいけないため)塩を入れたうどんに氷をたっぷり入れておやつに食べさせたりします。ペット用の鰹節や缶詰などを載せるとさらにGOOD!あまり食べさせすぎるとおなかを壊しますので量を考えながら与えてみてください。

もし、犬が熱中症で倒れた!そんな時は急いで体温を下げてあげましょう。水を張ったお風呂にじゃぶん!ホースで水をじゃぶじゃぶ!そうすることで体温が下がり元気になることがあります。あまりにも冷たすぎる水だと逆に心臓発作を起こしますので常温の水がいいでしょう。その他、足の付け根、首回りなどに氷を当ててあげるのもいいですね。リンパの流れを冷やすことにより、体温を下げる効果が得られます。意識回復が見られたらすぐに病院に連れて行ってください。心臓の弱い犬や老犬などはあらかじめ病院の先生と相談しておくのもいいですね。

【熱中症だ!】と思ったら即対処!この一瞬の判断が飼い犬の命を左右する結果になることがありますので、いざという時は迅速な対処ができるよう、普段から心構えをしておいてください。